1.弁護士費用特約とは?

交通事故に遭われた場合,まずはご加入の自動車保険に弁護士費用特約を付けていないか確認されてください。

弁護士:宮崎耕平

交通事故の弁護士費用特約とは,一般に,交通事故の法律相談費用として上限10万円,交通事故の示談交渉や訴訟・調停などを弁護士に依頼した場合の弁護士費用(着手金・報酬金等)を上限300万円まで支払う保険です。

当事務所では,弁護士費用特約を利用してのご相談・ご依頼も受けておりますので,ご自身やご家族の自動車保険の保険内容をされてください。

弁護士費用特約は,交通事故で受けた被害について,その回復手段をサポートするものです。

2.弁護士費用を利用できる方は?

弁護士費用特約は,自動車保険の記名被保険契約者が交通事故の当事者となった場合にしか使えないというわけではありません。

加入されている保険・保険会社によって違いがある可能性はありますが,一般的には,保険の契約者からみて,下の範囲の方は弁護士費用特約を利用できます。

  • 記名被保険者ご本人
  • ①の配偶者
  • ①または②の同居の親族
  • ①または②の別居の未婚の子
  • ①から④以外の方で、被保険自動車(ご契約のお車)の搭乗中の方
  • ①から④以外の方で、被保険自動車の所有者

このため,事故に遭われた場合は,同居のご家族の自動車保険・ご実家の自動車保険(事故に遭われた方が独身の場合),他人の車に乗っていた場合は,その他人の車の自動車保険等に弁護士費用特約が付いていないか,確認をされてください。

3.弁護士費用特約を利用しても保険料は変わりません。

弁護士費用特約を利用しても,一般的には,自動車保険の等級に変更はなく,保険料が増えたりすることはありません。
また,弁護士費用特約は,特約を利用された方が先に支払った費用を補償するわけではなく,相談・依頼を受けた弁護士からご加入の保険会社に直接,法律相談費用や弁護士費用を請求することになりますので,ご安心ください。

4.まとめ

弁護士費用特約は,一般に保険料は低額に抑えられており,意識することなく自動車保険につけているケースもあります。

また,弁護士費用特約以外にも,けがをされて通院された場合に一時金が支払われる特約を付けていたなど,思わぬ補償を受けることができることもあります。

一度,ご自身の自動車保険の内容を確認されることをお勧めします。