交通事故に遭われた熊本の方へ〜代表メッセージ

弁護士:宮崎耕平交通事故はある日突然身に降りかかります。

事前に交通事故に遭ったら,こうしようと計画を立てている方は普通はいません。
多くの方が,交通事故に遭ってしまうと,これからどうすればいいのか,誰を頼ればいいのかと悩むことになります。

事故の相手が自動車保険(任意保険)に加入していた場合は,とりあえず相手方の任意保険会社に相談して,治療を開始されることが多いですが,治療が進むに従って,あるいは治療当初から任意保険会社と意見が異なってくることが多くなります(任意保険会社はあくまでも事故の相手方の代行であり,利害が一致するわけではありません)。

例えば,「保険会社から治療の打ち切りを求められた」「過失割合を考えて欲しい」などと治療中に言われたり,治療を終えた後には,賠償金を提示されたが,その金額の根拠や金額が妥当なのかといった悩みを抱えてしまいます。

その悩みを解決するためには,任意保険会社等にご自身の状況を伝え,法的主張を行い,交渉をすることが必要となります。

しかし,ここで,それでは任意保険会社と交渉して下さいと言われて,すぐに自身の主張を説得的に行える方がどれくらいいらっしゃるでしょうか?

多くの方にとって,任意保険会社の担当者等のやり取り自体がストレスになり,本来,認められた治療や賠償額の主張を遠慮してしまい,結果として十分な治療・賠償を受けることができない自体が生じかねません。

そこで,交通事故案件の経験が豊富な弁護士が対応することで,事故に遭われた方の状況・主張を説得的に説明し,交渉することが可能となります。

交通事故に遭われた場合は,悩みを抱え込まず,まずは交通事故案件の経験が豊富な弁護士にご相談されることをお勧めします。

交通事故に遭われ,治療や賠償についてご不安、お悩みがございましたら、お気軽にアリオン法律事務所までご相談下さい。

弁護士のサポート

弁護士に「依頼した場合」「依頼しない場合」の比較

依頼した時点 弁護士に依頼した場合 弁護士に依頼しなかった場合
治療中

治療に専念できる

  1. 弁護士が治療中の相手方損保とのやり取りを代理しますので,相手方損保とのやり取りでストレスを感じることなく治療に専念できます。
  2. 治療費の保険対応(相手方損保による支払)の継続に対しても交渉を行います。
  3. 後遺障害が残存しそうなケースでは将来の後遺障害等級認定を踏まえたアドバイスも並行して行います。

治療に専念できず,後の賠償交渉にも
悪影響が生じる。

  1. 治療中でも相手方損保との交渉を求められ,病状等を具体的に伝えることができないまま治療費の保険対応を中止されてしまうことがあります。
  2. ①の後,治療を止めてしまった場合,十分な治療を受けることができず症状改善の機会を逃したり,慰謝料等の賠償金の算定,後遺障害等級認定に不利な状況となる可能性があります。
後遺障害等級認定

適切な後遺障害認定へのサポートを受けることができる。

後遺障害診断書を検討し,診断書の不明な点の補正,検査等の追加等のアドバイスを行います。

適切な後遺障害等級認定の機会を
失う恐れがでてくる。

後遺障害診断書の不備に気づかないまま後遺障害等級認定を行った結果,本来得られるはずの後遺障害等級認定を受けることができない可能性がでてきます。

示談交渉

裁判基準を前提とした賠償交渉

損害賠償金の算定には自賠責・任意保険・裁判の3つの基準がありますが,弁護士が交渉を行う場合は裁判基準を前提に交渉を行います。治療期間が数ヶ月にも及ぶ場合や後遺障害等級認定を受けた場合では,賠償額が数倍にも変わることがあります。

自賠・任意保険基準を前提とした賠償交渉

一般に相手方損保は,治療の状況を踏まえて自賠・任意保険基準を用いて賠償交渉を開始します。ここで賠償額について裁判基準を用いた金額等の交渉を行うことができなければ,相手方損保ペースで賠償交渉が行われ,結果的に賠償額が低額となる可能性があります。

訴訟

弁護士が訴訟に出席

弁護士が訴状等の裁判所に提出する書類を作成し,証拠も吟味します。裁判の期日への出頭も基本的に弁護士のみが行います。

全て自身で準備・出席

訴訟の段階で弁護士に委任しない方はそう多くはありませんが,委任しなかった場合は,裁判所に提出する資料を全て作成し,裁判所とのやり取り,裁判への出頭等も全て自身で行う必要がでてきます。

交通事故発生から解決までの流れ

  • 高次脳機能障害
  • 死亡事故