【相談者】 女性(30代) / 熊本県在住 / 職業:会社員 
【傷病名】 骨盤骨折・右仙骨骨折・左恥骨骨折・寛骨臼骨折・両側坐骨骨折
【後遺障害等級】 12級7号
【受任時期】 治療終了・症状固定後
【活動のポイント】 後遺障害等級獲得へ向けたサポート
【サポート結果】 賠償額の劇的(約12倍)な増額
主な損害項目サポート前サポート後増加額
合計金額72万円925万円853万円

 1.相談・依頼のきっかけ

県内で衣料品の販売員をしていたAさんは,自転車で移動中に交差点で相手方車両と接触し,骨盤骨折等の重傷を負いました。

幸いにも治療を終え,相手方保険会社からの賠償金の提示を受けた段階でご相談にみえました。

当時の相手方保険会社の賠償額は,過失相殺(3割)をした上で,既払金を除き,相手方が加入していた対歩行者等事故傷害補償保険(対歩行者の事故の場合に歩行者の過失相殺を軽減する特約)を加算して72万円という提示でした。

Aさんはその金額が妥当かどうかを知りたいと思ってご相談にみえました。

過失割合が妥当か否かは刑事記録を取り寄せて判断することとし,骨折の部位,Aさんも股関節の痛みがとれない等とおっしゃることから,治療中の診断書を取り寄せた上で,後遺障害の申請も検討することとしました。

2.受任後の活動

(1)刑事記録の取り付け

刑事記録を取り付けて確認したところ,過失相殺3割は当方に有利な内容であり,仮に訴訟等になるとより不利になる可能性もあることが分かりました。そのため,本件は可能な限り交渉で解決することとしました。

(2)後遺障害等級認定の申請(被害者請求・病院同行)

治療中の診断書をみたところ,骨折の部位が多岐に渡っていること,本人の訴えている症状から痛み又は可動域制限,骨盤骨等の変形の可能性があると判断し,通院先で後遺障害診断書を作成してもらいました。

後遺障害診断書・骨折部位の画像をみると,骨盤骨の変形は難しいが,股関節に可動域制限が認められる可能性はありました。ただ,診断書上,左側の障害のみ記載されて右側は障害が残っていないと誤解されかねない記載でした。

そこで,Aさんと一緒に病院に行き,右側の症状も意識した記載をしてもらうことができました。

(3)賠償交渉

後遺障害等級は,相当と考えていた12級の認定を得ることができ,過失割合7:3を前提として賠償請求を行いました。

3.当事務所が関与した結果

後遺障害の逸失利益等で若干の調整をしましたが,訴訟をすることなく,自賠責への被害者請求分も含めて相当と考えていた賠償を受けることができました。

また,過失相殺で減額に応じた分も,相手方が加入していた対歩行者等事故傷害補償保険を用いて一部支払いを受けることができ,既払分を除いて合計で900万円を超える補償を受け取ることができました。

Aさんが仮に当初の相手方保険会社の提示額で応じていた場合は,対歩行者等事故傷害補償保険分を合わせても72万円程度の補償でしたので,Aさんの症状は同じなのに賠償・補償額に大きな差が出ることになりました。

約12倍という賠償額の劇的な増加となりました。

4.(所感)解決のポイント

Aさんは後遺障害の申請までは当初考えておられず,相手方提示が弁護士からみても不当でなければ応じてもいいと思っていらっしゃいました。

骨折箇所・御本人が訴える現在の症状を前提に後遺障害等級の認定に挑戦したことが結論を大きく変えることになりました。

解決してもいいと思っていらっしゃったところへ,後遺障害等級認定の申請という方針にご理解・信用して任せて頂いたことに感謝しています。

ご依頼者さまからのアンケート

アンケート

個人・女性・32才

【事案内容】交通事故

1.当事務所の弁護士・スタッフの対応はいかがでしたか。

― 大変満足(4.大変満足 3.満足 2.普通 1.不満)

2.数ある法律事務所の中から,当事務所を選んでいただいた理由をお聞かせください。

― 保険会社に勤めている知人からパンフレットを頂き,まず無料相談をさせていただきました。熊本県内でも交通事故について詳しいとのことでしたので安心してお任せすることができました。

3.最後に,当事務所をご利用いただいてのご感想をお聞かせください。

―  人生初の経験でしたので何も分からず,困っていたところを宮﨑先生に担当していただき,本当に良かったと思っております。対応もスピーディでしたし,細かな調整もしっかりしていただいたので,おかげさまで当初よりもかなり手厚い損害賠償を受けることができました。引越しなどで大変ご迷惑をおかけしましたが,ここまでようやくたどり着くことができ,安心いたしました。本当にありがとうございました。