【相談者】 女性(80代) / 熊本県在住 / 職業:無職
【受任時期】 事故直後(治療中)
【傷病名】 脳挫傷,外傷くも膜下出血
【後遺障害等級】 高次脳機能障害につき5級2号(既存障害9級10号)
【活動のポイント】 高次脳機能障害について5級の認定獲得
【サポート結果】 後遺障害5級2号の認定を受けた上で,交渉にて解決。
主な損害項目訴訟前の提示解決額増加額
賠償額(既払除く)提示前1040万円
(治療費込)
1040万円
(解決額)

1.相談・依頼のきっかけ

脳梗塞の後遺症はありましたが,一人で生活していたAさんは,車道を歩いていたところ,自動車に跳ねられ,脳挫傷,外傷性くも膜下出血等の重傷を負い,入院されていました。

事故から3か月経ったころに,当事務所で解決させて頂いた依頼者の紹介で事務所にAさんのご家族が相談にみえました。

2.受任後の活動

(1)治療の継続・事故状況の確認 

Aさんのご家族とAさんの入院先に伺い,Aさんには治療に専念して頂くとともに,過失相殺の可能性もあることから,刑事記録の取り寄せも行いました(治療費は事故に遭われた直後にご家族から状況をお聞ききして,Aさんの負担分も予想されるため,健康保険を用いて治療してもらっていました)。

(2)自賠責への後遺障害等級認定申請・5級3号の獲得

Aさんは治療を終えましたが,高齢でもあり,障害も考慮すると一人暮らしは難しいため,介護施設に入所されることになりました。

Aさんは,事故直後の意識消失の時間・治療経過・事故後の生活状況を踏まえると,高次脳機能障害による障害の残存(5級程度)が予想され,高次脳機能障害による後遺障害等級認定申請を行うことにしました。

Aさんのご家族からAさんの事故前と事故後の生活状況等をお聞きし,報告書にまとめ,後遺障害の等級認定申請を行いました。

その結果,自賠責への後遺障害の等級認定申請を行い,5級3号の認定を得ることができました。

なお,Aさんには,事故以前から脳梗塞の後遺症・認知症の症状があったため,既存障害分が9級10号との認定も受けました。

(3)賠償交渉

訴訟提起も見当しましたが,ご家族とも協議し,Aさんの年齢等も踏まえて,早期解決を図ることとして,自賠責の等級認定を前提とした賠償交渉を行いました。

相手方にも代理人弁護士が就き,80:20の過失相殺の主張がありましたが,刑事記録の事故状況を踏まえて,90:10の過失割合を前提とした賠償金の増額をした上で解決することとなりました。

3.当事務所が関与した結果

高次脳機能障害による後遺障害等級5級の認定を得ることができ,高次脳機能障害の事案としては早期の解決をすることができました。

4.(所感)解決のポイント

高次脳機能障害について,残存する症状から予想される等級を定め,その等級認定に向けた準備を行ったことが,想定に沿った早期解決につながりました。

ご依頼者さまからのアンケート

個人・女性・65才
【事案内容】交通事故

  1. 当事務所の弁護士・スタッフの対応はいかがでしたか。
    大変満足(4.大変満足 3.満足 2.普通 1.不満)
  2. 数ある法律事務所の中から,当事務所を選んでいただいた理由をお聞かせください。
    紹介
  3. 最後に,当事務所をご利用いただいてのご感想をお聞かせください。

  4. 常に丁寧に優しくこちらの話を聞いて頂いたのが、有難かったです。色々不安麺が多かったのですが、相談しやすかったので、その都度お尋ねする事ができ、安心して待つ事ができました。本当に有難うございました。