【相談者】 男性(40代) / 熊本県在住 / 職業:会社員 
【傷病名】 頚椎捻挫,外傷性頚部症候群
【後遺障害等級】 申請せず
【受任時期】 事故直後・治療中
【活動のポイント】 裁判基準での慰謝料の主張
【サポート結果】 裁判基準での慰謝料を前提に示談解決
主な損害項目自賠責基準サポート後増加額
慰謝料46万2000円75万4000円
※物損・既払金除く

1.相談・依頼のきっかけ

Aさんは,追突事故に遭い,治療中のところ,今後の賠償等に関して不安をもたれ,相談にみえました。

2.受任後の活動

(1)治療の継続

Aさんにはまずは治療に専念して頂き,その間,相手方保険会社に医療記録等の資料の開示を依頼しました。

(2)賠償交渉

Aさんは後遺症状も特段残らず,仕事もお休みされなかったので,主な争点は慰謝料の算定方法となり,裁判所基準での慰謝料額を算定し,相手方に提示しました。

3.当事務所が関与した結果

裁判所基準での慰謝料算定額の満額での示談解決となりました。

4.(所感)解決のポイント

治療期間も含めて受任後3ヵ月程度で解決に至りました。裁判所基準での慰謝料額の算定を説明し,早期に希望する金額での解決となりました。