追突事故で頸椎捻挫(むち打ち)などを負って治療中の被害者の賠償について示談交渉を行い解決まで導いた事例。
被害者は後遺障害も特段残ることがなく主な争点は慰謝料の算定方法となり、裁判所基準での慰謝料額の算定となりました。

概要

【相談者】 男性(40代) / 熊本県在住 / 職業:会社員
【傷病名】 頚椎捻挫、外傷性頚部症候群
【後遺障害等級】 申請せず
【受任時期】 事故直後・治療中
【活動のポイント】 裁判基準での慰謝料の主張
【サポート結果】 裁判基準での慰謝料を前提に示談解決
主な損害項目自賠責基準サポート後増加額
慰謝料46万2000円75万4000円

※物損・既払金除く

1.相談・依頼のきっかけ

Aさんは、追突事故に遭い、治療中のところ、今後の賠償等に関して不安をもたれ、相談にみえました。

2.受任後の活動

(1)治療の継続

Aさんにはまずは治療に専念して頂き、その間、相手方保険会社に医療記録等の資料の開示を依頼しました。

(2)賠償交渉

Aさんは後遺症状も特段残らず、仕事もお休みされなかったので、主な争点は慰謝料の算定方法となり、裁判所基準での慰謝料額を算定し、相手方に提示しました。

3.当事務所が関与した結果

裁判所基準での慰謝料算定額の満額での示談解決となりました。

4.(所感)解決のポイント

治療期間も含めて受任後3ヵ月程度で解決に至りました。裁判所基準での慰謝料額の算定を説明し、早期に希望する金額での解決となりました。

ご予約以外のお問い合わせはコチラ

交通事故 無料相談 ご予約フォーム

当事務所での法律相談(30分)は予約制となっております。

下記フォームよりご連絡いただきましたら、担当事務員からお電話にてご連絡差し上げます。

お急ぎの場合はお電話(096-285-9501)にてご連絡ください。

    お名前(必須)
    電話番号(必須)
    相手側の任意保険会社(必須)
    メールアドレス
    ※メールでの返信をご希望の方はご入力ください
    ご住所
    事故日
    事故の状況 車対車車対人車対バイクバイク対人その他
    怪我の状況(診断名)
    治療段階 未治療治療中治療済
    後遺障害など
    過失割合
    ※保険会社から説明を受けた割合
    弁護士特約 有り無し
    弁護士特約加入の保険会社
    ※弁護士特約有りと答えた方
    備考・その他
    当事務所を知ったきっかけ(必須)

    解決事例