当事務所にご依頼いただいた多くの交通事故の解決事例から一部をご紹介いたします。

交通事故の詳細やご相談いただくまでの経緯や、得られた結果などを紹介しております。

ケガの部位別の事例

準備中

等級別事例

準備中

その他

弁護士費用特約あり(準備中)

後遺障害あり(準備中)

過失割合に争いの物損事故につき過失割合逆転の上、早期解決した事例

Aさんは交差点で相手方車両と接触し、相手方が過失割合として50:50の主張をしているが納得できないとのことで、相談にみえました。

詳しくはこちら

自営業者の休業損害が争点となる事案につき調停で解決した事例

Aさんは自営業を営んでいましたが、追突事故に遭い、治療中に相談にみえました。

詳しくはこちら

休業損害を認めないとされていた事案につき休業損害を認めた上で解決した事例

Aさんは、事故当時は、小学生のお子さん二人を乗せて運転中に追突事故に遭いました。 治療を終えたところで、今後の賠償交渉について不安があるとのことで当事務所にご相談にみえました。 また、相手方保険会社からは、Aさんの自営収入に減少がないので、休業損害を認めないとも言われているとのことでした。

詳しくはこちら

素因減額・治療費打ち切り対応をされていた被害者につき、自賠責への被害者請求にて後遺障害14級の認定を受け、素因減額なしで交渉解決した事例

Aさんは、信号停止中に追突事故に遭いました。 相手方保険会社から治療費の打ち切りの連絡を受けたところで、当事務所に相談にみえました。

詳しくはこちら

自賠責への被害者請求にて後遺障害14級の認定を受けて交渉解決した事例

Aさんは、自転車で飲食店に立ち寄ったところ、駐車場で乗用車との接触事故に遭いました。治療も終了しましたが、痛みが残り、治療を続けていたところ、後遺障害の認定申請を考えるようになり、主治医の先生に後遺障害診断書を書いてもらったところ、別件の依頼者様の紹介で当事務所に相談にみえました。

詳しくはこちら

自賠責への被害者請求にて後遺障害14級の認定を受けて交渉解決した事例

自賠責保険に対する被害者請求により、後遺障害等級14級9号の認定を得て、賠償額の大幅な増加を得ることができました。

詳しくはこちら

自賠責非該当につき紛争処理機構にて後遺障害14級の認定を受けて交渉解決した事例

Aさんは、センターラインオーバーの車と衝突し、治療していたところ、相手方保険会社の代理人弁護士から治療費の一部打ち切りの通知が届き、保険代理店を介して相談にみえました。

詳しくはこちら

高齢者の死亡事故につき死亡との因果関係を認めた上で解決した事例

赤い本の基準を超える慰謝料の大幅な増額及び過失相殺の主張を否定することに成功しました。

詳しくはこちら

外貌醜状非該当につき訴訟により事前提示額から約2.5倍の賠償額で解決した事例

赤い本の基準を超える慰謝料の大幅な増額及び過失相殺の主張を否定することに成功しました。

詳しくはこちら

後遺障害について異議申し立てにより等級認定を受けて、交渉にて解決した事例

治療の打ち切りを告げられ、Aさんは不安な状態で来所されました。 最終的には、後遺障害等級認定も受けることができ、訴訟上の解決と同様の解決をすることができました。

詳しくはこちら

右手骨折で被害者請求により後遺障害等級12級の認定を受けて、交渉解決した事例

最終的には、後遺障害等級認定も受けることができ、訴訟上の解決と同様の解決をすることができました。

詳しくはこちら

高次脳機能障害につき被害者請求で後遺障害等級5級の認定を受けて、交渉解決した事例

高次脳機能障害による後遺障害等級5級の認定を得ることができ、高次脳機能障害の事案としては早期の解決をすることができました。

詳しくはこちら

骨盤骨折等による排尿障害等につき被害者請求で後遺障害等級5級の認定を受けて、訴訟により解決した事例

後遺障害等級13級から14級の見通しだった後遺障害診断書がある状態から、後遺障害等級5級の認定を得た上で、相手方の同等級が認められないとの反論をおさえての解決をすることができました。

詳しくはこちら

医師の被害者(自賠責後遺障害非該当)につき訴訟により後遺障害認定前提で解決し賠償額も約16.6倍となった事例

後遺障害等級認定は非該当でしたが、基本的に自賠責の判断を前提に認定することが多い裁判所から自賠責の認定とは異なる後遺障害等級認定を勝ち取ることができました。

詳しくはこちら

頸椎捻挫等につき被害者請求で後遺障害等級14級の認定を受けて、交渉により解決した事例

治療費の早期の打ち切り・後遺障害等級認定申請をしないままでの解決となっていた場合、冒頭にあげました後遺障害に基づく賠償を得ることができなかったと考えられます。

詳しくはこちら

事前認定により後遺障害等級非該当の被害者につき、異議申立により12級の認定を受け、訴訟により解決した事例

後遺障害等級非該当から異議申し立てが認められ12級に認定が変更された結果、後遺障害に基づく損害が劇的に増加することになりました。

詳しくはこちら

後遺障害等級8級2号の被害者につき、訴訟により早期解決した事例

相手方は、後遺障害の等級認定を争ってきましたが、相手方の主張を排斥し、当方の主張を前提とする解決がはかれました。

詳しくはこちら

事前認定により後遺障害等級14級の被害者につき、異議申立により併合11級の認定を受け、訴訟基準前提で訴外和解した事例

後遺障害等級14級から異議申し立てが認められ11級に認定が変更された結果、後遺障害に基づく損害が劇的に増加することになりました。

詳しくはこちら

交通事故(自動車対自動車)により後頚部打撲・頚椎捻挫等を負い、後遺障害等級14級の認定を得て解決した事例

治療経過を確認しつつ相手方保険会社に情報を提供することで、一方的に治療費の打ち切りを回避し、Aさんの納得できる期間の治療を行うことができました。

詳しくはこちら

交通事故(自転車対自動車)により骨盤骨折等を負い、賠償金が約12倍(925万円)に増額した事例

後遺障害の逸失利益等で若干の調整をしましたが、訴訟をすることなく、自賠責への被害者請求分も含めて相当と考えていた賠償を受けることができました。

詳しくはこちら

死亡事故について訴訟により解決した事例

生活費控除率は、0.45とし、過失割合は10:90とする判決が出て、双方控訴せずに確定しました。

詳しくはこちら

交通事故(歩行者対自動車)により左肩甲骨骨折、外傷性クモ膜下出血等の傷害を負い、後遺障害等級12級を獲得・過失割合修正の上、示談解決した事例

奇跡的な回復もあり、後遺障害の等級認定が認められても14級の可能性があった事案でしたが、骨の変形障害を意識した結果、12級の等級認定を受けることができました。

詳しくはこちら

交通事故(自動車対自動車)により左上腕骨顆部骨折等を負い、後遺障害等級12級を獲得して解決した事例

Aさんの治療経過をAさん・ご家族と共有しながら治療に努めることができました。

詳しくはこちら

交通事故(歩行者対自動車)により左大腿打撲・胸部打撲・腰椎捻挫の傷害を負い、治療後早期解決をした事例

受任後も相手方保険会社の反応は良くはありませんでしたが、こまめに返事を促すなどして、比較的早期に裁判基準に近い金額で解決することができました。

詳しくはこちら

交通事故(自動車対自動車)により頚椎捻挫・腰椎捻挫等を負い、非該当から異議申立の結果、後遺障害等級14級の認定を得て解決した事例

同じ症状・同年代の同乗者は14級の認定が出ていましたので、遅かれ早かれAさんにも同じ等級認定がされた可能性はありましたが、無事に14級の認定を受けることができました。

詳しくはこちら

交通事故(自動二輪車対自動車)により左脛骨骨幹部開放骨折等を負い、賠償金が1377万円増額した事例

許容範囲内での過失相殺はされたものの損害費目は概ね当方の主張に沿った認定を前提として、和解で解決しました。

詳しくはこちら

相手方からの提示後に、早期に裁判基準で示談成立した事例

資料の収集等の期間を入れても受任後2ヶ月程度と比較的早期に解決に至りました。

詳しくはこちら

自動車同士で完全停止中に追突され後遺障害等級が認められた事例

後遺障害の申請前にご依頼いただいたことで、後遺障害診断書の記載の整理ができ、後遺障害の等級認定を得ることができました。

詳しくはこちら

頚椎捻挫を負った主婦の休業損害と慰謝料について交渉により賠償額を約2倍に増額し解決した事例

被害者 女性 40代 職業:主婦 依頼の経緯 依頼者は、黄色点滅の交差点を直進進行しようとしたところ、右方から赤信号点滅で直進進行してきた相手方車両と衝突し、頚...

詳しくはこちら

治療中から依頼をを受け、請求額のほぼ満額の賠償を受けた事例

休業損害については、相手方から自賠責保険の基準の2分の1という主張がなされましたが、賃金センサスを基準とした上で、当方の請求額に近い額で示談成立となりました。

詳しくはこちら

受任後、当方提示額に沿って早期に解決した事例

賠償金の増加額は大きくはありませんが、速やかに対案を提示することができ、相手方保険会社からの資料送付を待つ期間も含め1ヶ月強と早期解決を実現することができました。

詳しくはこちら

過失割合を修正した上で、裁判基準の慰謝料算定で解決した事例

過失割合については、判例タイムズの基本過失割合を用いることができるのか、修正が必要なのかについて、具体的事故態様から検討を加えることが必要です。

詳しくはこちら

治療費の打ち切り予告後に受任し、治療を継続して解決した事例

依頼者及び保護者が、医療機関とともに納得できる期間治療に専念することができ、賠償額も相当な金額で合意することができました。

詳しくはこちら

10代学生がバイク事故で高次脳機能障害による後遺障害3級を残す事案において6300万円を増額した事例

依頼者・ご両親から学校生活・日常生活の詳しい事情を伺い、後遺障害が日常生活・学校生活に与える影響について詳細に検討し、依頼者には将来にわたって介護・介助が必要であり、その費用も賠償されるべきとの主張を行いました。

詳しくはこちら

原付自転車での接触事故により両腕を骨折等した40代会社員女性の賠償額を約2.7倍に増額し解決した事例

依頼者の受傷部位から慰謝料の増額を求めると共に、後遺障害に基づく損害についても残存する後遺症状をもとに算定し、賠償額の増額を達成しました。

詳しくはこちら

70代主婦の休業損害・後遺障害逸失利益等について、大幅な増額による賠償を受けた事例

過失相殺はせずに、休業損害、慰謝料、後遺障害慰謝料、後遺障害逸失利益について大幅な増額を得ることができ、示談成立となりました。

詳しくはこちら

弁護士介入後に後遺障害申請を行い、後遺障害12級の認定を得た上で、請求額ほぼ満額の賠償を受けた事例

後遺障害の申請前に相談・依頼いただけたことで、後遺障害診断書の検討を行うことができ、狙い通りの12級認定を得ることができたため、早期・十分な額での解決が可能となりました。

詳しくはこちら

松葉杖の使用期間、自宅安静期間等も考慮に入れて解決した事例

交渉の結果、相手方保険会社は当方提案のほぼ満額を受け入れることになり、示談に至りました。

詳しくはこちら

死亡事故について交渉により解決した事例

逸失利益は年金部分・就労部分を共に認めた上で、高齢者の慰謝料は低く抑えられることもありますが、慰謝料についても概ね当方で相当と想定した金額で訴訟を経ずに解決となりました。

詳しくはこちら

交通事故(自動車対自動車)により多発外傷、肋骨骨折、左母趾骨折等の傷害を負い、後遺障害等級12級を獲得の上、示談解決した事例

訂正してもらった後遺障害診断書をもとに後遺障害等級の認定申請をしたところ、狙い通りの左母趾の可動域制限による12級の認定を得ることができました。

詳しくはこちら

追突事故により頚椎捻挫等の傷害を負い、後遺障害等級14級を獲得の上、示談解決した事例

後遺障害等級の認定申請をしたところ、狙い通りの左母趾の可動域制限による12級の認定を得ることができました。

詳しくはこちら

追突事故により頚椎捻挫等の傷害を負い、裁判基準の慰謝料で早期示談解決した事例

【相談者】 男性(40代) / 熊本県在住 / 職業:会社員 【傷病名】 頚椎捻挫、外傷性頚部症候群 【後遺障害等級】 申請せず【受任時期】 事故直後・治療中【活動のポイント】 ...

詳しくはこちら

後遺障害非該当で訴訟により後遺障害慰謝料の支払いを受けた事例

裁判所からは後遺障害14級相当の後遺障害は認められないが、仕事と日常生活に支障が生じているとして、後遺障害に対する慰謝料を認めた上での和解案が提示され、裁判所での和解解決となりました。

詳しくはこちら

否定されていた休業損害を交渉により支払いを受けた事例

休業損害・慰謝料について、請求額満額を認めて支払うことで示談成立となりました。

詳しくはこちら

交渉により慰謝料を増額の上早期解決した事例

当方計算による慰謝料額に近い金額を支払うことで示談成立となりました。

詳しくはこちら

物損について訴訟により賠償額を増額して解決した事例

車両の価格・過失割合ともに当方の主張に沿うかたちで裁判所から和解案が提示され、Aさんも車両の買い替えが可能となる賠償額での和解成立となりました。

詳しくはこちら