被害者

男性 10代 職業:学生

依頼の経緯

依頼者はバイクを運転中に相手方車両との事故に遭い、長期の入院後に学校に復学しましたが、高次脳機能障害による後遺障害3級の障害が残りました。

相手方からは、約7700万円の賠償案の提示がありましたが、その金額が妥当かとの相談を受けました。

依頼後の経過

依頼者・ご両親から学校生活・日常生活の詳しい事情を伺い、後遺障害が日常生活・学校生活に与える影響について詳細に検討し、依頼者には将来にわたって介護・介助が必要であり、その費用も賠償されるべきとの主張を行いました。

相手方からは、依頼者が復学していること等から将来の介護費用は認められないとの主張がなされ、最終的に判決となりました。

判決では、将来の介護費用も認められ、約1億4000万円の賠償を受けることになりました。