被害者

女性 40代 職業:主婦

依頼の経緯

依頼者は,黄色点滅の交差点を直進進行しようとしたところ,右方から赤信号点滅で直進進行してきた相手方車両と衝突し,頚椎捻挫等の傷害を負いました。

依頼者は,相手方加入の保険会社との交渉を任せたいとのことで弁護士費用特約を利用されて当事務所に依頼されました。

交渉の経過

相手方からの提示額は,休業損害及び慰謝料の算定を自賠責保険(過失相殺はしない)の基準でされており,不十分でした。

休業損害については女性の平均賃金をもとに計算し,過失相殺には応じましたが,過失相殺後の賠償額で約2倍の増額を実現しました。

交渉の結果

主な損害項目サポート前サポート後増加額
慰謝料103万円220万円117万円
後遺障害慰謝料・逸失利益375万円989万円614万円
合計額478万円1,209万円731万円

解決のポイント

依頼者の受傷部位から慰謝料の増額を求めると共に,後遺障害に基づく損害についても残存する後遺症状をもとに算定し,賠償額の増額を達成しました。

過失割合については刑事記録を検討し,依頼者も納得できる割合での解決となり,当方提示額のほぼ満額で示談成立となりました。

ご依頼者様からのアンケート

当事務所の弁護士の対応はいかがでしたでしょうか。

■大変満足

当事務所の事務スタッフの対応はいかがでしたでしょうか。

■やや満足

人生で初めての事故で、とても不安でした。保険(弁護士特約)が付いていて良かったです。自分1人で動くことはとても大変だったので助かりました。

わからない事や気になる事を事前に考えて質問する大切さ、またそれにきちんと答えてくれる事での安心感があり、相談して良かったです。