【相談者】 女性(20代) / 熊本県在住 / 職業:学生
【受任時期】 事故直後
【傷病名】 なし
【後遺障害等級】 申請なし
【活動のポイント】 事故状況に応じた過失割合の主張
【サポート結果】 相手方主張50:50から80:20に変更の上,早期解決
主な損害項目事前提示額解決した割合
過失割合50:5080:20

1.相談・依頼のきっかけ

Aさんは交差点で相手方車両と接触し,相手方が過失割合として50:50の主張をしているが納得できないとのことで,相談にみえました。

2.受任後の活動

(1) 事故状況の聞き取りと適正な過失割合の主張

Aさんから事故状況を聴取し,事故状況を説明・主張しました。

(2) 80:20での解決

最終的に相手方は80(相手方):20の割合であれば受け入れるとの意向になり,これ以上の割合を主張した場合の長期化・訴訟による判断変更のリスクも踏まえて80:20で解決することになりました。

3.当事務所が関与した結果

過失割合について,大幅な修正を認めさせることができました。

4.(所感)解決のポイント

事故状況を分析したことで過失割合の修正につながり,また争いの大きな事案としてはご依頼後約1月間での早期解決となりました。

なお,弁護士費用は,Aさんの弁護士費用特約を利用されたので,Aさんの自己負担はありませんでした。