【相談者】 男性(30代) / 熊本県在住 / 職業:会社員 
【傷病名】 左膝関節打撲,左大腿骨・左腓骨骨挫傷
【後遺障害等級】 申請せず
【受任時期】 治療終了・症状固定後
【活動のポイント】 慰謝料の交渉
【サポート結果】 慰謝料増額の上早期解決
主な損害項目サポート前サポート後増加額
合計額153万円193万円40万円

1.相談・依頼のきっかけ

Aさんは,交差点で対向車と衝突され,自家用車を運転中に交差点で追突され,治療終了後に相手方から提示された賠償案の妥当性についてご相談にみえました。

2.受任後の活動

(1)医療記録の取り寄せ

相手方保険会社が所持している医療記録の提出を受け,損害の再算定を行いました。

(2)慰謝料の算定方法の交渉

慰謝料の計算方法について比較的軽症の場合の基準を用いるのか,その他の場合の基準を用いるのかで争いとなりました(慰謝料の金額に差が出てきます)。

診断書等の記載をもとにその他の場合の基準を用いることを主張・説明に努めました。

3.当事務所が関与した結果

当方計算による慰謝料額に近い金額を支払うことで示談成立となりました。

4.(所感)解決のポイント

双方の主張に隔たりがありましたが,相手方保険会社と粘り強く交渉を行うことで,当方主張に沿った内容で,資料の取り寄せ期間も含めて受任後1ヶ月半程度で解決に至りました。

ご依頼者からのアンケート