【相談者】 男性(40代) / 熊本県在住 / 職業:自衛官 
【傷病名】 骨盤骨変形,右股関節の可動域制限等
【後遺障害等級】 併合11級
【受任時期】 治療終了・症状固定後
【活動のポイント】 後遺障害等級認定への異議申立及び損害額の主張立証
【サポート結果】 後遺障害11級の認定を受けた上で,請求額に沿った解決(後遺障害部分だけで賠償額8.4倍)
主な損害項目14級の場合
(労働能力喪失期間5年)
解決額増加額
後遺症部分損害額257万円2161万円1904万円
賠償額(既払除く) 2931万円2931万円

1.相談・依頼のきっかけ

Aさんは,横断歩道を歩行中に,相手車両から跳ねられ,骨盤骨折,肋骨骨折,肺挫傷等の重傷を負いました。

Aさんは,長期入院・通院を経て,症状固定を受け,相手方保険会社を通じて後遺障害等級認定(事前認定)を受けたところ,局部の神経症状のみが認められ14級の認定でした。

Aさんは,復職を前に,後遺障害等級の14級の認定が妥当か否かをAさんが加入する損害保険代理店に相談し,その損害保険代理店からの紹介でご相談に見えました。

Aさんは,長期間の入通院を要したが,仕事に復職することが可能となり,受傷直後の状況からすると治療の効果もあがり,幸運だったといえる状態でした。ただ,事故による股関節の可動域制限等が残っている状態で,仕事にも支障が出ており,後遺障害等級14級は認定として軽いのではないかとの疑問が残りました。

2.受任後の活動

(1)異議申し立て

Aさんの事前認定の後遺障害診断書では,肩・股関節の可動域制限がみられること,骨盤骨の変形等が残っていると記載されていましたが,事前認定では,いずれも等級認定が否定されていました。

そこでAさんの症状固定前に毎月発行されていた診断書(経過診断書)を確認したところ,恥骨結合の離開が残存といった記載がありました。Aさんの骨盤の画像を確認しても離開が残ったままであることが確認できました。

また股関節の可動域制限に関しても,事前認定では左右の股関節の可動域を比較して後遺障害等級認定を否定していると思われましたが,Aさんは骨盤骨を骨折し,両股関節ともに可動域に影響が生じており,左右の比較は不適切であり,標準的な可動域と比較すべきではないかと考えられました。

このため,上記2点等の再判断を求めるべく,異議申し立てを行うことになりました。

(2)異議申し立ての認容

この異議申し立てを受けて,自賠責にて再審査がなされたところ,骨盤骨の変形が認められて12級,可動域制限も認められて12級となり,併合11級と等級認定が変更されました。

(3)賠償請求

相手方損害保険会社にとっては,14級から11級への認定変更は想定外だったと思われ,異議申し立ての経緯・認定結果等を相手方損害保険会社に説明することから賠償交渉が始まりました。

損害賠償の請求にあたっては,慰謝料については受傷部位や事故態様から裁判基準の一般的な基準額よりも増額した金額を主張することにしました。

また,休業損害に関しても,休業期間中の補償は受けていましたが,長期間の治療によりAさんが昇進の機会を逃したこと,これにより退職時の退職金にも影響が出ることを職場の協力も得て主張・立証することにしました。

(4)示談解決

当方からの賠償案提示に対して,相手方損害保険会社の判断に時間を要しましたが,当方の請求根拠となる資料等を提出し,当方提示の妥当性を相手方損害保険会社に理解してもらうことに努めました。

最終的に相手方損害保険会社は当方の提示賠償案をほぼ受け容れる意向を示し,示談解決となりました。

3.当事務所が関与した結果

後遺障害等級14級から異議申し立てが認められ11級に認定が変更された結果,後遺障害に基づく損害が劇的に増加することになりました。

症状固定までの損害(傷害・治療期間に対する損害)についても,一般的な損害基準を超える損害賠償を受けることができました。

4.(所感)解決のポイント

Aさんが事前認定による後遺障害14級の結果を受け容れていれば,Aさんの後遺障害の状態は変わることはないのに今回の解決のような賠償を受ける機会を失ってしまうところでした。

賠償額の大幅な増額のほかにも,思いがけない事故により重傷を負い,長期間の治療を要することになって自衛官という職務にも多大な影響を生じたAさんの精神的な苦痛やAさんのご家族の心痛が少しでも慰謝できたのではないかと思います。

異議申し立てに対する自賠責の審査及び相手方損害保険会社の異議申し立ての結果及び賠償案の検討等に時間を要することになりましたが,Aさんが当職の方針に理解・信頼を寄せていただき最終解決に至ることができました。

事件解決と同時期にAさんのお子さんが大学に進学される等ご家族が事故を乗り越えて新しい生活を迎えられたことに弁護士としての喜びを感じることもできました。

ご依頼者さまからのアンケート

個人・男性・47代
【事案内容】交通事故

1.当事務所の弁護士・スタッフの対応はいかがでしたか。
― 大変満足(4.大変満足 3.満足 2.普通 1.不満)

2.数ある法律事務所の中から,当事務所を選んでいただいた理由をお聞かせください。
― 保険代理店の方からの紹介で,交通事故の案件に精通されているとお伺いしたから。

3.最後に,当事務所をご利用いただいてのご感想をお聞かせください。
― 当初からよく話を聞いて頂き丁寧に説明等をしていただいて,宮崎先生に担当して頂いて本当に良かったと思っています。ありがとうございました。