相談者は むち打ち などの治療の必要性に疑問を感じると治療費の打ち切り予告をされたが、受傷状況を定期的に説明し、治療の継続を主張。相談者と医療機関との間で納得できる治療を受けることが出来た事例の紹介。

概要

【相談者】女性(10代) / 学生

依頼の経緯

依頼者は、家族の車に同乗していたところ、駐車場から出てきた相手方車両と家族の車が衝突し、頚椎捻挫(むち打ち)等の傷害を負いました。

依頼者は、整形外科と整骨院に通院していましたが、保険会社は、治療の必要性に疑問があるとして、医療調査を予告し、治療費の支払に難色を示していました。

依頼者の保護者が、保険会社との交渉にストレスを感じ、当事務所に相談・依頼されました。

依頼後の経過

保険会社に、依頼者の受傷状況を定期的に説明し、治療の継続を主張し、依頼者と医療機関との間で納得できる十分な治療を行うことができました。

交渉の結果

依頼者及び保護者が、医療機関とともに納得できる期間治療に専念することができ、賠償額も相当な金額で合意することができました。

解決のポイント

保険会社に対して、依頼者の受傷状況を定期的に説明し、治療の継続に理解を得られたことで円満解決に至ることができました。

ご予約以外のお問い合わせはコチラ

交通事故 無料相談 ご予約フォーム

当事務所での法律相談(30分)は予約制となっております。

下記フォームよりご連絡いただきましたら、担当事務員からお電話にてご連絡差し上げます。

お急ぎの場合はお電話(096-285-9501)にてご連絡ください。

    お名前(必須)
    電話番号(必須)
    相手側の任意保険会社(必須)
    メールアドレス
    ※メールでの返信をご希望の方はご入力ください
    ご住所
    事故日
    事故の状況 車対車車対人車対バイクバイク対人その他
    怪我の状況(診断名)
    治療段階 未治療治療中治療済
    後遺障害など
    過失割合
    ※保険会社から説明を受けた割合
    弁護士特約 有り無し
    弁護士特約加入の保険会社
    ※弁護士特約有りと答えた方
    備考・その他
    当事務所を知ったきっかけ(必須)