依頼者

女性 50代 職業:会社員

依頼の経緯

依頼者は,自家用車を運転中に右折待機のために停止していたところ,相手方車両から追突され,頚椎,腰椎捻挫,右肩,左肩打撲等の傷害を負いました。

依頼者は,治療を終え,保険会社からの賠償金の提示を受けましたが,保険会社の提示内容が妥当であるのか,保険会社との交渉にストレスを感じ,弁護士費用特約を利用されて当事務所に相談・依頼されました。

依頼後の経過

保険会社に,賠償案提示の算定根拠資料の送付を求め,同資料をもとに当方から対案を示しました。

交渉の結果

主な争点は慰謝料の金額でしたが,依頼者の早期解決の希望を踏まえ,相手方保険会社と交渉し,依頼者が納得できる金額で合意することができました。

解決のポイント

賠償金の増加額は大きくはありませんが,速やかに対案を提示することができ,相手方保険会社からの資料送付を待つ期間も含め1ヶ月強と早期解決を実現することができました。

ご依頼者様からのアンケート

当事務所の弁護士の対応はいかがでしたでしょうか。

大変満足

当事務所の事務スタッフの対応はいかがでしたでしょうか。

大変満足

丁寧に説明して頂き,よくわかりました。