【相談者】 男性(50代) / 熊本県在住 / 職業:自営業 
【傷病名】 頚椎捻挫,外傷性頚部症候群
【後遺障害等級】 14級
【受任時期】 治療終了・症状固定後
【活動のポイント】 後遺障害の等級認定申請のサポート
【サポート結果】 14級を獲得の上で示談解決
主な損害項目サポート前サポート後増加額
合計額260万円
※物損・既払金除く

1.相談・依頼のきっかけ

自営業のAさんは,購入して間もない国産乗用車に乗っていたところ,追突されました。

Aさんは,車両の修理・代車についてまずは交渉して欲しいとのことで相談に見え,その後,治療の経過を踏まえて人身損害の賠償交渉も行うことにしました。

2.受任後の活動

(1)物損の示談(格落ち損害も認定)

Aさんは,営業用の車両として車を使っていたため,同型同程度の代車の確保をした上で,物損の示談交渉を行いました。

損傷箇所・修理代等を踏まえて,格落ち損害の認定も得た上で,物損については示談となりました。

(2)後遺障害の等級認定サポート

Aさんの怪我は比較的スムーズに快方に向かいましたが,両手指の痺れ等がみられました。

そこで後遺障害等級14級を目指して後遺障害の等級認定を行うことにし,後遺障害診断書の記載事項等についてAさんにご説明し,通院先にて後遺障害診断書を書いてもらいました。

後遺障害等級は無事に14級を獲得することができました。

(3)休業損害・逸失利益の主張・立証

Aさんは自営業者であるため,休業損害・逸失利益の立証にあたって,公的書類だけでは捉えられない所得(経費)がありました。

そこで,Aさんが確定申告を依頼されていた会計事務所にも協力をお願いし,休業損害・逸失利益の基礎となる収入の立証を行いました。

3.当事務所が関与した結果

後遺障害等級の認定申請をしたところ,狙い通りの左母趾の可動域制限による12級の認定を得ることができました。

Aさんが訴訟を望んでいなかったこと・Aさんの基礎収入の立証について見解が分かれていたことから交渉で解決することとし,Aさんが納得できる金額まで賠償金を引き上げることに成功し,示談となりました。

4.(所感)解決のポイント

事故直後からAさんのサポートをさせて頂き,代車費用・格落損害までを含む物損示談が成立し,Aさんが治療に専念できる体制を整えることができました。

後遺障害の等級認定を受けることもでき,訴訟によるリスクを回避しつつ,比較的早期に解決することができました。