依頼者

20代 男性 職業:会社員

依頼の経緯

依頼者は,停車中に追突され,頸椎捻挫等の傷害を負いました。

幸いに怪我は早期に治療を終え,相手方保険会社から賠償提示を受けた段階でご相談にみえました。

依頼者は,相手方保険会社との交渉にストレスを感じておられ,弁護士費用特約を利用して交渉の代理を希望されていました。

依頼後の経過

受任後に相手方保険会社から賠償提示の根拠となる診断書・診療報酬明細書等の開示・提出を受け,裁判基準にて当方から賠償案の対案を出しました。

交渉の結果

対案提出後,相手方保険会社は当方提案の満額を受け入れることになり,示談に至りました。

解決のポイント

資料の収集等の期間を入れても受任後2ヶ月程度と比較的早期に解決に至りました。

依頼者は,依頼者にとって交渉のストレスの軽減にもなりました。

ご依頼者様からのアンケート

当事務所の弁護士の対応はいかがでしたでしょうか。

大変満足

当事務所の事務スタッフの対応はいかがでしたでしょうか。

大変満足

今回は大変お世話になりました。

もらい事故が重なり,個人で対応するのが大変でしたが,迅速に処理して頂き,助かりました。