依頼者

女性 50代 職業:会社員

依頼の経緯

依頼者は、道路直進中に路外から進入してきた相手方車両と接触し、頚椎捻挫等の傷害を負いました。

依頼者によれば、事故直後に通院した整形外科は、健康保険診療への切り替えに応じず、治療期間も症状と関係なく、一定期間で自動的に中止するかのような発言をしているとのことでした。

依頼者は、通院先での治療に不安を覚えるとともに、相手方が主張する過失割合(依頼者2:相手方8)にも納得できないとのことで、相談・依頼にみえました。

依頼後の経過

事故の状況について、依頼者から詳細に聴き取りを行い、接触箇所から結果回避が困難であったこと、相手方の過失が著しいこと等を主張し、過失割合については、依頼者1:相手方9とすることで物損の示談がまず成立しました。

怪我の治療についても、依頼者と病院を移ることを協議し、前医ともめることなく病院を移ることができました。

病院を移った後は、整形外科と整骨院を併用しながら依頼者は十分な治療を受けることができました。

後遺障害は非該当でしたが、依頼者も認定結果・治療経過に納得された上で、賠償交渉に入りました。

交渉の結果

慰謝料について裁判基準にそった金額で示談することになりました。

解決のポイント

過失割合については、判例タイムズの基本過失割合を用いることができるのか、修正が必要なのかについて、具体的事故態様から検討を加えることが必要です。

医療機関によっては交通事故治療に理解がないか患者との意思疎通が不十分なところもありますので、場合によっては医療機関を移ることも必要です。

ご依頼者様からのアンケート

当事務所の弁護士の対応はいかがでしたでしょうか。

■大変満足

当事務所の事務スタッフの対応はいかがでしたでしょうか。

■大変満足

私がわからないことばかりで沢山ご面倒な質問をしましたが,親切に優しく対応して下さり,とても嬉しく有難かったです。安心して病院にもかかれ,お蔭様で心身共にだいぶ元気を取り戻してきました。また,何かあった時はこちらにご相談しようと思います。本当に,有難うございました。