交通事故に遭われた方に後遺障害が残ってしまった場合,適正な賠償を受けるためにもその後遺障害の種類・内容を把握しておくべきです。

特に重度の後遺障害が残った場合は,後遺障害に対する将来の治療・介助のためにも適正な賠償を受けることがより一層求められます。

重度の後遺障害にもその種類は多々ありますが,代表的な後遺障害は下記の表のようになります。

代表的な後遺障害の種類

病状

症状

遷延性意識障害

重度の昏睡状態(植物状態ともいわれます)

高次脳機能障害

脳外傷による記憶障害・注意障害・認知障害など

脊髄損傷

中枢神経系である脊髄の損傷による運動機能の喪失,知覚の消失など

RSD

外傷自体が治癒に向かっているにも関わらず,交感神経の消失続き慢性的な痛みを感じる障害

各部位の損傷による障害

骨折,脱臼,筋肉・腱・靱帯損傷,神経損傷など

後遺障害の等級認定及び等級認定後のサポートには専門性の高い医学知識が必要となりますし,後遺障害についても精通している弁護士でなければ十分なサポートを提供することもできません。

当事務所では,事故直後から後遺障害の等級認定に向けたサポートを行っております。

初回のご相談は,相談者に費用面の負担が生じないように相談料は無料でお受けしております。

交通事故の後遺症でお悩みであったり,お悩みの方がいらっしゃったら,一歩前進するためにもお気軽にお問い合わせください。

後遺障害の詳細はこちらから

⇒遷延性意識障害について

⇒高次脳機能障害について

⇒脊髄損傷について

⇒RSDについて

⇒各部位の損傷による障害について