過去の事故で14級の後遺症認定・既往症で左半身軽麻痺の残る被害者の頚椎・腰椎捻挫について,14級9号の認定を受けて請求額のほぼ満額で示談した事例

被害者

男性 50代 職業:会社員

依頼の経緯

依頼者は,信号停止中に追突事故に遭われました。頚椎捻挫・腰椎捻挫により入・通院されましたが,後遺障害の申請にあたって,過去の後遺障害もあるため,後遺障害認定がおりるか心配とのことで,ご相談・ご依頼いただきました。

依頼後の経過

後遺障害診断書を検討したところ,診断書の記載上,既往症の増悪部分と新規症状の部分が混在・重複していました。

このため,後遺障害が既往症の増悪とだけ受け取られ後遺障害認定がおりない可能性があったため,主治医のもとに依頼者と同行し,既往症と新規症状について医師から説明を受けた上で,診断書の記載を既往症の増悪部分と新規症状の部分を区別して記載していただくことになりました。

その結果,後遺障害14級9号の認定を受けることができました。後遺障害等級認定後は,当方請求額のほぼ満額を認め,解決に至りました。

交渉の結果

主な損害項目サポート前サポート後増加額
後遺障害0万円175万円175万円
合計額175万円175万円

解決のポイント

後遺障害の申請前にご依頼いただいたことで,後遺障害診断書の記載の整理ができ,後遺障害の等級認定を得ることができました。

ご依頼者様からのアンケート

当事務所の弁護士の対応はいかがでしたでしょうか。

大変満足

当事務所の事務スタッフの対応はいかがでしたでしょうか。

大変満足

大変満足しています。

今後、何かあった場合利用したいと思います。