依頼者は追突事故で むちうち などの負傷の治療が長期に及んだことから、治療費の打ち切りの連絡があり、当事務所に相談。依頼者は治療を継続し、自賠責保険による後遺障害等級の認定を得ることで、当方の提案する損害額を前提する解決に導いた事例。

概要

【相談者】 男性(60代) / 熊本県在住 / 職業:会社役員
【受任時期】 治療中
【傷病名】 頸椎捻挫・腰椎捻挫・肩関節捻挫
【後遺障害等級】 14級9号
【活動のポイント】 自賠責保険に後遺障害等級認定の被害者請求を行う。
【サポート結果】 後遺障害14級9号の認定を受けた上で、交渉で解決。
主な損害項目事前提示額解決額増加額
賠償額– 治療中・提示前 –327万円327万円

1.相談・依頼のきっかけ

Aさんは、信号停止中に追突事故に遭いました。

相手方保険会社から治療費の打ち切りの連絡を受けたところで、当事務所に相談にみえました。

2.受任後の活動

(1)治療の継続と自賠責保険への後遺障害等級認定申請による後遺障害等級14級9号の獲得

Aさんには、治療を継続して頂き、必要な資料等を揃えて、自賠責保険に後遺障害等級の認定申請を行いました。

自賠責保険にて、後遺障害等級14級9号に該当するとの認定を得ることができました。

(2)交渉解決

相手方代理人弁護士は、治療が長期間に及んだこと等Aさんの既往症等を理由に素因減額の主張をしてきました。

この点、Aさんの症状と既往症は関係がないことを主張したところ、相手方代理人も素因減額の主張は撤回し、当方の提案する損害額を前提とする交渉和解解決となりました。

3.当事務所が関与した結果

自賠責保険に対する被害者請求により、後遺障害等級14級9号の認定を得て、賠償額の大幅な増加させるとともに、素因減額の主張を撤回させることができました。

4.(所感)解決のポイント

Aさんは、比較的高齢で事故以外の疾病での通院歴もあったため、症状が改善するか、改善しない場合でも後遺障害等級認定を受けることができるのか等不安をお持ちでしたが、Aさんの治療内容と既存の疾病を分析検討し、今回の事故による症状を説明したことが、解決につながりました。

アンケート回答

個人・男性・60代
【事案内容】交通事故

  1. 当事務所の弁護士・スタッフの対応はいかがでしたか。
    大変満足(4.大変満足 3.満足 2.普通 1.不満)
  2. 数ある法律事務所の中から、当事務所を選んでいただいた理由をお聞かせください。
    専門であるから
  3. 最後に、当事務所をご利用いただいてのご感想をお聞かせください。
  4. 又、想談が有りましたら。お伺いしたと思っています。お世話になりました

ご予約以外のお問い合わせはコチラ

交通事故 無料相談 ご予約フォーム

当事務所での法律相談(30分)は予約制となっております。

下記フォームよりご連絡いただきましたら、担当事務員からお電話にてご連絡差し上げます。

お急ぎの場合はお電話(096-285-9501)にてご連絡ください。

    お名前(必須)
    電話番号(必須)
    相手側の任意保険会社(必須)
    メールアドレス
    ※メールでの返信をご希望の方はご入力ください
    ご住所
    事故日
    事故の状況 車対車車対人車対バイクバイク対人その他
    怪我の状況(診断名)
    治療段階 未治療治療中治療済
    後遺障害など
    過失割合
    ※保険会社から説明を受けた割合
    弁護士特約 有り無し
    弁護士特約加入の保険会社
    ※弁護士特約有りと答えた方
    備考・その他
    当事務所を知ったきっかけ(必須)