【相談者】 女性(30代) / 熊本県在住 / 職業:留学生 
【傷病名】 右肘骨折後の可動域制限等
【後遺障害等級】 12級6号
【受任時期】 後遺障害等級認定後
【活動のポイント】 後遺障害等級認定への異議申立及び損害額の主張立証
【サポート結果】 後遺障害12級の認定を受けた上で、訴訟提起による解決(受任前の提示額から賠償額約24倍)
主な損害項目訴訟前の提示解決額増加額
賠償額(既払除く)46万円1100万円1054万円

1.相談・依頼のきっかけ

Aさんは、台湾の大学を卒業後、台湾で交際を始めた日本人男性と結婚する予定で、来日し、日本で働いていました。

Aさんは、原動機付自転車に乗っているところ、相手方車両の左折に巻き込まれ、右肘骨折等の傷害を負い、治療を終えて、相手方保険会社からの賠償額の提示を受けた段階でご相談に見えました。

相手方保険会社から提示された賠償額にも問題はありましたが、後遺障害についても検討の余地がありそうでした。

2.受任後の活動

(1)異議申し立て

Aさんの後遺障害事前認定は非該当でしたが、提出した後遺障害診断書を取り寄せました。

すると、Aさんの右肘に可動域制限の測定値にAさんが後遺障害診断書を病院から発行を受けた際に記載されていなかった加筆がなされていたことが分かりました。

この加筆部分を前提とするとAさんが後遺障害等級認定を受けることは困難でしたが、加筆部分は、自動値(自力で動かす場合の可動域)と他動値(他力で動かす場合の可動域)の値が同じとなっており、Aさんの症状(右肘が常に曲がった状態)と比べ不自然でした。

そこで、病院に加筆した際の測定値を尋ねたところ、測定ないし記載に誤記があったとのことで、後遺障害診断書を訂正してもらうことになりました。

この訂正を受けて、自賠責保険に事前認定時の後遺障害診断書には誤記・不正確な記述があったとして、異議申立をしたところ、当方の主張が認められ、12級6号の認定を得ることができました。

(2)賠償請求

相手方損害保険会社に対して、後遺障害等級12級を前提とした賠償提案を行いました。

相手方損害保険会社も代理人弁護士を立てて、交渉に応じてきましたが、Aさんの後遺障害に対する労働能力喪失率・喪失期間・基礎収入・過失割合等を巡って、争いとなりました。

(3)訴訟提起

交渉により、相手方損害保険会社の回答額が増額はされましたが、隔たりが大きく、訴訟を提起することにしました。

(4)和解解決

訴訟においても、交渉時の争点が残りました。相手方はAさんの右肘の可動域制限による労働能力の喪失は限定的であり、期間も短期で足りると主張し、基礎収入についてもAさんの事故当時の現実収入額、過失割合もAさんに2割の過失が認められると主張しました。

これに対して、当方は、Aさんの生活(仕事・家事)における労働能力制約の状況を具体的に主張し、基礎収入についてもAさんが20代であることから現実収入ではなく平均賃金によるべき、過失割合も事故の具体的状況を前提に1割の過失に留まると主張しました。

最終的に裁判所から和解案を提示してもらうことになり、労働能力の喪失期間は、当方の主張期間よりも短くなりましたが当方の主張期間に近い期間、基礎収入はAさんが結婚・出産し専業主婦になっていたことから大卒女性平均ではなく女性の平均賃金と若干修正されましたが、過失割合は1割とし、当方の請求額に近い金額での和解案が提示されました。

相手方が和解案に応じるか微妙な感触でしたが、相手方も最終的に和解案に応じることとなり、和解により解決となりました(異議申立が認められた後の賠償提示額に対する相手方回答額の約2倍となりました)。

3.当事務所が関与した結果

後遺障害等級非該当から異議申し立てが認められ12級に認定が変更された結果、後遺障害に基づく損害が劇的に増加することになりました。

4.(所感)解決のポイント

Aさんの後遺障害の状況が受任中に悪化したわけではありません。仮にAさんが後遺障害等級非該当を受け入れ示談に応じていれば、最終解決額と約24倍もの開きが残る結果となっていました。

後遺障害診断書を精査し、Aさんの症状と比較し、後遺障害の等級認定の前提資料の誤りを指摘することができたことが結果を大きく左右しました。

Aさんは日本語が堪能でしたが、来日して間もないときの事故で、周りに相談・頼ることができる人が少なく、不安も多かったと思います。

後遺障害の異議申立、賠償交渉、訴訟と解決までに時間を要することとなりましたが、その間一貫して、当職の方針に理解・信頼を寄せていただき最終解決に至ることができました。

Aさんは事件継続中に結婚・出産もされ新しい生活を迎えられ、事件解決後には赤ちゃんも連れてこられ、とても幸せそうでした。

ご依頼者さまからのアンケート

個人・女性・30才
【事案内容】交通事故

  1. 当事務所の弁護士・スタッフの対応はいかがでしたか。
    大変満足(4.大変満足 3.満足 2.普通 1.不満)
  2. 数ある法律事務所の中から、当事務所を選んでいただいた理由をお聞かせください。
    何軒か事務所を回った際に、本事務所が一番丁寧にアドバイスをいただき、安心して依頼できると思いました。
  3. 最後に、当事務所をご利用いただいてのご感想をお聞かせください。
    長期にわたる案件でしたが、当初事務所を選んだ際に感じたイメージが変わることなく、都度現状を丁寧に教えていただきました。こちらの希望に沿える形で事件が終了でき、大変感謝しています。

無料相談ご予約フォーム

当事務所での法律相談(30分)は予約制となっております。

下記フォームよりご連絡いただきましたら、担当事務員からお電話にてご連絡差し上げます。

お急ぎの場合はお電話(096−285−9501)にてご連絡ください。

    お名前(必須)
    電話番号(必須)
    相手側の任意保険会社(必須)
    メールアドレス
    ※メールでの返信をご希望の方はご入力ください
    ご住所
    事故日
    事故の状況 車対車車対人車対バイクバイク対人その他
    怪我の状況(診断名)
    治療段階 未治療治療中治療済
    後遺障害など
    過失割合
    ※保険会社から説明を受けた割合
    弁護士特約 有り無し
    弁護士特約加入の保険会社
    ※弁護士特約有りと答えた方
    備考・その他