依頼者

30代 女性 主婦

依頼の経緯

依頼者は,赤信号停車中に追突され,頸椎捻挫,腰椎捻挫の傷害を負いました。

相手方保険会社からは,治療費打ち切り・症状固定を示唆されている状況で相談にみえました。

依頼後の経過

受任後にDrの治療方針を相手方保険会社に伝え,治療継続が必要なことを訴えたところ,依頼者にとって十分な期間の治療を継続することができました。

他覚所見に乏しかったことなどもあって後遺障害の認定を得ることはできませんでしたが,十分な治療を実現した上で賠償交渉に入ることができました。

交渉の結果

休業損害及び慰謝料が争点となりました。

休業損害については,相手方から自賠責保険の基準の2分の1という主張がなされましたが,賃金センサスを基準とした上で,当方の請求額に近い額で示談成立となりました。

解決のポイント

症状固定前にご相談頂いたことで,十分な治療を受けた上での賠償交渉に入ることができました。