頸椎捻挫・腰椎捻挫で治療中の被害者から依頼を受けて、十分な治療期間を確保した上で、賃金センサスを基準にした休業損害に加え、慰謝料をほぼ請求額の満額での賠償を受けることが出来た事例。

※賃金センサスとは、性別・年齢(年代)等に応じた平均賃金を記した統計資料です。

概要

【相談者】女性(30代)/主婦

依頼の経緯

依頼者は、赤信号停車中に追突され、頸椎捻挫、腰椎捻挫の傷害を負いました。

相手方保険会社からは、治療費打ち切り・症状固定を示唆されている状況で相談にみえました。

依頼後の経過

受任後に担当医の治療方針を相手方保険会社に伝え、治療継続が必要なことを訴えたところ、依頼者にとって十分な期間の治療を継続することができました。

他覚的所見に乏しかったことなどもあって後遺障害の認定を得ることはできませんでしたが、十分な治療を実現した上で賠償交渉に入ることができました。

交渉の結果

休業損害及び慰謝料が争点となりました。

休業損害については、相手方から自賠責保険の基準の2分の1という主張がなされましたが、賃金センサスを基準とした上で、当方の請求額に近い額で示談成立となりました。

解決のポイント

症状固定前にご相談頂いたことで、十分な治療を受けた上での賠償交渉に入ることができました。

ご予約以外のお問い合わせはコチラ

交通事故 無料相談 ご予約フォーム

当事務所での法律相談(30分)は予約制となっております。

下記フォームよりご連絡いただきましたら、担当事務員からお電話にてご連絡差し上げます。

お急ぎの場合はお電話(096-285-9501)にてご連絡ください。

    お名前(必須)
    電話番号(必須)
    相手側の任意保険会社(必須)
    メールアドレス
    ※メールでの返信をご希望の方はご入力ください
    ご住所
    事故日
    事故の状況 車対車車対人車対バイクバイク対人その他
    怪我の状況(診断名)
    治療段階 未治療治療中治療済
    後遺障害など
    過失割合
    ※保険会社から説明を受けた割合
    弁護士特約 有り無し
    弁護士特約加入の保険会社
    ※弁護士特約有りと答えた方
    備考・その他
    当事務所を知ったきっかけ(必須)